【被扶養者・任意継続組合員の方】 特定健康診査のおしらせ

 特定健康診査は、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めるメタボリックシンドロームの危険因子を早期に発見し、生活習慣病の発症リスクを抑えるための健診です。
 40歳から74歳までの被扶養者・任意継続組合員の方には、受診時に必要となる「特定健康診査受診券」をお送りします。
 (受診券および特定健康診査のご案内は、5月下旬に発送します。)
 年に1回必ず健診を受けましょう!!




【対象者】

 2019年4月1日時点において組合員の被扶養者、任意継続組合員およびその被扶養者
 (昭和19年4月3日から昭和55年4月1日までの期間に生まれた方)



【健診項目】

 〇診察
 〇計測(身長・体重・腹囲・BMI)
 〇血圧測定
 〇尿検査 (糖・蛋白の有無)
 〇血液検査
    肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
    血中脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
    血糖検査(空腹時血糖 または HbA1c)



【本人負担額】

 な し (共済組合が全額負担します)


【受診券有効期限】

 2019年12月31日


【受診方法】

 ★ 特定健診の受け方
 → 2019年度 実施機関一覧表
 → 社会保険診療報酬支払基金

 ☆ 巡回特定健診のおしらせ



【特定健康診査を受診されない方】
 
 *慢性疾患等で医療機関で治療中の方
 慢性疾患等で治療中のため、特定健康診査を受診されない方は、治療中患者情報(特定健康診査の健診項目の情報のみ)をご提供いただくことで、特定健康診査を受診したものとみなされます。
 「治療中患者情報提供票」等を治療中の医療機関の窓口に提出してください。
 →詳細は、受診券に同封の青色チラシ「治療中患者情報ご提供の流れ」をご覧ください。

 *パート先等の定期健康診断を受診された方
 2019年度中にパート先等で定期健康診断を受診され、上記【健診項目】を満たしている場合は、特定健康診査を受診されたものとみなされます。
 パート先等の「定期健康診断の結果」の写しと「特定健康診査受診券」を共済組合に送付してください。
 (返信用封筒を受診券に同封しております。)



【その他】

 組合員等の資格を喪失した場合は、「特定健康診査受診券」を共済組合まで返却してください。



 **特定健康診査・特定保健指導についてはこちらもご覧ください。**


 
お問い合わせ先 : 保険課 TEL 077-525-5783
 

閉じる

PageTopPageTop